2014年1月5日日曜日

初うどん はゆかへ寄った

年末から拙宅に滞在、一日の夕方、神戸へ、そして、二日の朝、蜻蛉返りで戻ってきた彼女を迎えに、高松まで行った。拙宅までの帰途、彼女と二人で、はゆかうどんに寄った。初うどんである。私たちは、釜かけうどんの小を二つ、ざるうどんの大を一つ注文した。かけうどんの薬味、彼女は生姜、私はちりめん青唐辛子を選んだ。亦、ざるは二人で半分づついただいた。普段、釜かけばかりの私だが、彼女を同道した関係で、ざるも頼んだ。驚いたのは、その付け出汁であった。実にシンプル、食後に甘さが残らない。家人を連れて行って良かった。新たな世界が開けた。うどんをいただきながら、二人で感動を語り合った。良い時間であった。
合掌。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。